1. HOME
  2. トモタクトピックス
  3. 初心者が知っておきたい不動産投資「物件」の選び方

トモタクトピックス

初心者が知っておきたい不動産投資「物件」の選び方

不動産投資初心者

10万円から始められる不動産クラウドファンディングのトモタクです。
不動産投資初心者の方は、物件選びに困りませんか?不動産投資を行う上で、何が最良なのか。その判断基準はさまざまありますが、今回は、その中でも「物件」に着目していきたいと思います。最後まで、ぜひご覧ください。

初心者に向いている物件とは?

物件の種別は様々あり、それぞれメリット・デメリットがあります。それぞれの違いについては後述させていただきます。初心者の方が物件を選ぶ際のポイントをまず、ご紹介させていただきます。
 

  • 少額で購入ができて低リスク
  • 管理がしやすい
  • 売却しやすい


この3点を意識して選択するといいでしょう。

少額で購入ができて低リスク

不動産投資では、ある程度の自己資金が必要です。その資金は、不動産の種類によって異なります。

初心者であれば、まずは比較的少額で購入できる物件がおすすめです。

投資である以上、リスクが伴います。不動産投資にはさまざまなリスクが存在します。

例えば、空室リスク、災害リスクなどが考えられます。それらのリスクを理解した上で、投資をすることが前提ですが、なるべく抑えたいものです。

物件によっては、低リスクで投資ができるものがあります。初心者の物件選びにはそういったリスク面も視野に入れるといいでしょう。

関連記事
分散投資とは?その方法とおすすめポートフォリオを紹介

管理がしやすい

利用者の確保には、物件の状態を常に最良にする必要があります。それには、メンテナンスなどの管理が必要になります。

自身で管理を行う場合と管理会社に依頼する場合があります。物件によっては管理の手間が省ける場合があります。

売却しやすい

不動産投資は流動性が低くなります。売却したい時にすぐできるわけでもありません。

需要の高い物件であれば、売却しやすい傾向にあるため、そういった物件を選ぶことが「出口戦略」のカギです。

物件タイプごとのメリット・デメリット

一棟マンション

一棟マンションとは、全ての部屋と共用部分を含めた建物全体を指します。初期費用は高額ですが、その分多くのリターンが見込めます。

メリット

デメリット

・利回りが高い

・収入金額が大きい

・資産価値が高く評価されているため、融資を多く受けられる

・自分で自由に運営可能

・全室空室にならない限り、収益を得られる

・災害リスクやエリアのニーズ低下などリスクが大きい

・維持管理に手間や費用がかかる

・買い手が見つかりにくい

区分マンション

たくさんある部屋のうちの一室のことです。取引件数が多く、流動性があるのがポイントです。区分マンションといっても、単身者向け・ファミリー向けで特徴が異なります。

単身者向けワンルーム

メリット

デメリット

・比較的価格が低い

・修復費などの必要費用が低い

・分割して管理が可能

・管理会社を選べない

・1室のみの場合、空室リスクにより家賃収入が0になる

ファミリー向け

メリット

デメリット

・長期的に居住してもらえるため、安定した収入が得られる

・入居者の属性が高く、家賃滞納などのトラブルが発生する可能性が少ない

・単身者向けワンルームと比較して価格が高い

・実質利回りが低くなる

・管理会社を選べない

・入居期間が長い傾向にあるため、修繕費が高くなる

アパート

集合住宅の一つ。マンションとの区分に明確な定義はありません。指標となるのは呼び名、建築物の構造や階層、建築材料などで、企業ごとに判断基準が異なっているようです。

メリット

デメリット

・一棟マンションより比較的に資金が少なくて済む

・全室空室にならない限り、収入が発生する

・一棟マンションと比べると得られる家賃収入が少ない傾向にある

・供給過剰による空室リスクがある

戸建住宅

戸建てとは、独立した一棟の住宅のことです。隣や周辺エリアにも一戸建てが建ち、住宅街などを形成しています。混同しやすい「一軒家」ですが、これは近くに住宅がない場合を指します。

メリット

デメリット

・資産価値の低下が起こりにくい

・土地も含まれるため、出口戦略の選択肢が多い

・入居期間が長いため、安定的な収入が見込める

・一世帯のみのため空室リスクが高くなる

・土地や上下水道管の管理など、手間がかかる

・入居期間が長い傾向にあるため、修繕費が高くなりがち

築年数ごとのメリット・デメリット

築年数によって「あと何年運用ができるか」や「売却できるかどうか」に関わる重要なポイントです。

新築・築浅

メリット

デメリット

・物件価値が高いため、融資を受けやすい

・修繕費用などがすぐにはかからない

・価格が高い

・利回りが低い

中古

メリット

デメリット

・比較的安い価格で購入ができる

・家賃低下のリスクが低い

・利回りが高い

・リフォームなどの費用が必要になる

・耐震性の確認が必須

まとめ

いかがでしたか?自身でも投資が行えそうな物件は見つかりましたか?今回の記事で、少しでも選択肢が広がったらうれしいです。

実は、不動産投資の良いとこ取りなのが、不動産クラウドファンディングです。

少額から投資ができ、管理などの手間がかからず、比較的リスクを抑えた運用ができます。もちろん、絶対安全という保証はありませんが、初心者の方向けです。

まずは、不動産クラウドファンディングで投資を知り、安定した収益が見込めるようになったら、不動産投資でオーナーになるのもおすすめです。

関連記事
不動産ファンドとは?仕組みや現物不動産投資との違いを解説

よく読まれている記事