1. HOME
  2. トモタクトピックス
  3. 不動産ファンドとは?仕組みや現物不動産投資との違いを解説

トモタクトピックス

不動産ファンドとは?仕組みや現物不動産投資との違いを解説

不動産クラウドファンディング

こんにちは、10万円から始められる不動産クラウドファンディングのトモタクです。

株式や債券、投資信託など、さまざまな資産運用がある中で、不動産投資を行って自己資産を増やしていく方法を選択される方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、不動産ファンドの特徴や仕組み、現物不動産投資との違いについてご紹介させていただきます。ぜひ最後までご覧ください。

不動産ファンドとは?

投資家のために不動産を保有し、投資家から集めたお金を運用する会社のことを指します。不動産ファンドは誰もが気軽に不動産に投資をするためのツールです。
その特徴としては、多くの投資家から資金を集めることで、投資のための大きな元手を作ることが可能な点です。個人では難しい、オフィスビルや商業施設などの高額な不動産も投資対象となります。
投資対象の不動産の選定や売却のタイミングなど、収益を上げるために運用を行っています。その運営には多くのコストがかかるため、それらは出資者の負担になります。

関連記事
ファンドって何?|投資初心者でもわかる!

不動産特定共同事業法に基づいた不動産ファンドの仕組み

不動産特定共同事業法とは、不動産ファンドを運営している事業者を対象に適用される法律です。

主に業務適正運営に関する仕組みと投資家の利益保護を目的に制定された法律です。国土交通大臣または、都道府県知事から不動産特定共同事業の許可、または登録を受けなければ、事業を行えないようになっています。不動産特定共同事業を行う事業者が販売する商品を不動産小口化商品と言います。

不動産小口化商品は3つに分類されます。

  • 任意組合型
  • 匿名組合型
  • 賃貸借型

任意組合型

任意組合型は任意組合は不動産事業者と投資家が出資し、共同で事業を運営するため、所有権が与えられます。権利上は、実際に不動産を所有しているのと同じ状態になるので、登録免許税や不動産取得税などの費用が発生します。分配金は不動産所得となるため、税金対策としても注目されています。

匿名組合型

匿名組合型は所有権のない、あくまで資産運用そのものを目的とした契約のことです。投資額は1口1万円から始められるうえ、不動産購入や所有するわけじゃないため、登記費用や取得税などの初期費用が発生しません。

トモタクは匿名組合型に当てはまります。

賃貸借型

投資家が宅地建物取引業者から物件を共同で購入して取得し共同所有者となり、事業者と共有持分の賃貸借契約または賃貸借の委任契約を交わして収益を得ていく方法です。事業者は、物件の管理・運用を行うと同時に毎月納められる賃料を物件所有者である投資家に分配します。

不動産ファンドで得られる主な収益

インカムゲイン:投資対象資産の保有によって得られる収益をインカムゲインといいます。主に家賃収入のことです。

キャピタルゲイン:投資対象資産の価値上昇によって得られる売却益のことです。

インカムゲインとキャピタルゲインについては以下の記事をご覧ください。

関連記事
キャピタルゲインとインカムゲイン | 不動産投資でどう戦略を立てる?

現物不動産投資との違い

以上のように不動産ファンドと現物不動産投資で違う点がさまざまあります。

関連記事
不動産投資で失敗しないためのポイント | キーワードは「需要・供給・競合」

現物不動産投資との違いは不動産ファンドのメリットとも言えます。

→トモタクのファンドをチェックする

REITとの違い

REIT(Real Estate Investment Trust)の略で投資家から資金を募って、不動産を専門に投資する不動産ファンドの一種です。特に日本の不動産投資信託は、J-REIT(ジェイ・リート)と呼ばれ、2001年にスタートしました。

REITとの違いは下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事
REITと不動産クラウドファンディングの違い|投資初心者でもわかる

よく読まれている記事