1. HOME
  2. トモタクトピックス
  3. 短期投資とは?メリット・デメリットを解説します

トモタクトピックス

短期投資とは?メリット・デメリットを解説します

資産運用

こんにちは、不動産クラウドファンディングのトモタクです。

いきなりですが、投資のスタイルに「長期投資」「短期投資」というものがあることをご存じですか?前回「長期投資」についてご紹介させていただきました。

今回は「短期投資」についてお話しさせていただきます。ぜひ最後までご覧いただき、自身の投資スタイルを決める参考にしてみてください。

短期投資とは?

「短期投資」とは投資のタイミングをとらえ、短い期間で行うことを言います。

相場がよく動く商品で細かく利益を積み重ねていく方法です。利益が出ても、損失が出てもすぐさま損益を確定させます。

短期投資の期間

数分、1日、数日~数週間の期間で行われています。

1日で取引を簡潔させる「デイトレード」、数日~数週間かけて取引する「スイングトレード」に分類されます。素早く判断できる方や投資活動に時間を割ける方に向いてる投資スタイルです。

メリット・デメリット

短期投資ならではのメリット・デメリットがあります。それぞれをしっかり把握していきましょう。

メリット

①保有期間が短いためリスクを持ち越さない

売買スパンが短いのが短期投資の特徴です。期間が短いということは、保有することで受けるリスクを回避できます。リスクを持ち越すことが少ないことはメリットの一つと言えます。

②同じ元手で何度も投資できる

長期投資の場合、一度投資をしたら数年後に運用成果が出るまで、元手の資金は戻ってきません。しかし、短期投資では利益が出ていれば購入資金と同額以上の資金が手元に戻ってくることになり、それを元手に繰り返し投資することが可能です。

③損失が膨らみにくく、取り戻しやすい

常に値動きをチェックするので、値下がりしてしまっても、あらかじめ決めたタイミングでの損切りが可能のため、損失が膨らみにくいです。また、損失を取り戻しやすくもなります。

デメリット

①こまめに値動きをチェックする時間と技術、判断力が必要

リアルタイムで分析をしたり、売買の判断をしなければなりません。そのため、即断即決できるだけの知識はもちろん、判断力も養っていく必要があります。

さらには、値動きを常にチェックしていくので投資にかける時間も必要です。

②売買手数料などのコストがかかる

取引手数料は一般的に取引ごとにかかります。売買回数が多ければ多いほど、手数料もかかります。

 

短期投資におすすめな投資種類

まとめ

相場がよく動く商品で細かく利益を出していく方法が短期投資です。

しかし、そのためには値動きを常にチェックする時間と売買を決める判断力が必要です。その他、利益を出すコツなども把握する必要があるため、初心者さんには少しハードルが高いかもしれません。短期投資スタイルの場合には、投資先について多くを学ぶ必要があるでしょう。

「長期投資」「短期投資」どのスタイルが自分にあっているのかを考えて、ぴったりの投資方法を見つけていきましょう。

初心者さんにおすすめは不動産クラウドファンディング


 



 



 

よく読まれている記事