1. HOME
  2. トモタクトピックス
  3. 資産運用に大切な4つの変数(3+α)を理解しよう

トモタクトピックス

資産運用に大切な4つの変数(3+α)を理解しよう

資産運用

不動産クラウドファンディングのトモタクです。

私たちは、10万円から不動産投資家にを合言葉にスマホ1つで始められる、不動産クラウドファンディングを運営しています。

いつも応援ありがとうございます♪

今回から何回かに分けて、資産運用の基礎知識について紹介していきます。

不動産クラウドファンディングへの投資はだけでなく、株や投資信託、様々な現物投資を視野に入れている場合にも通用する考え方ですので、一読して損はありません。

ぜひ、最後までお付き合い下さい。

資産運用はプロ投資家だけのものではない!

『資産運用』と聞いて、「なんだか難しそう」「プロがやるもの」「一部の資産家がやるようなもの」といった難しいイメージをもっていませんか。

このようなネガティブなイメージを抱いているなら、それは今すぐ取り払うべきです。

多くの方が資産運用に対して誤ったイメージをもっています。

「資産運用ってなんか難しそう」こうお考えの方は、資産運用の原理原則を理解しておきましょう。

資産運用の原理原則は『長期・積立・分散』です。

計画的に長い年月をかけて資産運用と向き合うことによって、あなたが望むような結果につながります。これは、一部の投資家やプロの機関投資家だけの話ではなく、再現性のある手法だということを忘れないで下さい。

再現性のある手法であって「資産運用はプロだけがやるものではない」ということです。

「一部の資産家がやるようなもの」といった発想も大部分は間違っています。

これは『資産家だから資産運用をするのではなく、資産運用をしているから資産家になった』と考えるべきです。

もちろん、先祖代々の資産を引き継ぎ、それを守り発展させることが仕事の大地主のような資産家もいらっしゃいます。ただ、これは一部の例外であって、ほとんどの人は、資産運用を通じて、ご自身で資産を築き上げているのです。

資産運用はプロ投資家だけのものではありません。そして、難しいことは何一つありません。これからお伝えする『資産運用にとって大切な4つの変数(3+α)』をご理解いただき、実践していただければと考えています。

資産運用に必要な変数その1:資金(元金)

資産運用に大切な一つ目の変数は『資金(力)』です。

とても基本的なことですが、資金がないと資産運用を始めることができません。

そして、元手(元金)となる資金が大きければ大きいほど、小さな利回りでも、あなたの資産は大きくなりやすくなります。

例えば、年利3%の金融商品に100万円投資した場合と1,000万円投資した場合を比較してみます。

  • 100万円の場合の利息:1,000,000円×0.03=30,000円
  • 1,000万円の場合の利息:10,000,000円×0.03=300,000円

このように同じ3%でも、一年で増えるお金は大きく変わってきます。

したがって、資産運用では、あなたがどれだけのお金を投資しているかによって、膨れ上がる金額も大きく変わるのです。

資産運用に必要な変数その2:利回り

資産運用に大切な二つ目の変数は『利回り』です。

『利回り』について分かりやすく説明すると、投資した元手が一定の期間でどれくらい増えるのかを数値化したものです。

利回りは高ければ、大きなリターンが期待できる一方で、利回りが低いと、期待収益は小さくなります。

先ほどの、100万円投資した場合と1,000万円投資した場合を例にしてみていきましょう。

  • 100万円を年利3%の商品に投資した場合の利息:1,000,000円×0.03=30,000円
  • 100万円を年利5%の商品に投資した場合の利息:1,000,000円×0.05=50,000円
  • 1,000万円を年利3%の商品に投資した場合の利息:10,000,000円×0.03=300,000円
  • 1,000万円を年利5%の商品に投資した場合の利息:10,000,000円×0.05=500,000円

ここでは【元金×利回り】の二つの変数を掛け合わせてみました。二つの変数が大きければ大きいほど、期待収益は大きくなるのです。

ここで注意しなければならないのは、利回りの大きさとリスクの大きさは表裏一体であるということ。つまり、”元金が3%増える可能性もある一方で、3%減る可能性もある”ということを理解しておかなければなりません。

まれに誤解している人がいるので補足しておくと、リスクに関して元金がゼロになる可能性を数値化しているものではありませんのでご注意下さい。

資産運用に必要な変数その3:投資期間

資産運用に大切な三つ目の変数は『投資期間』です。

冒頭にお伝えした通り、資産運用の原理原則は『長期・積立・分散』です。この原則に沿って考えると、期間はもの凄く重要な要素になります。

投資の運用方法には二種類あります。一つ目は『単利』二つ目は『複利』ですね。どちらの場合においても投資期間を長くすれば、よりお金は増えていきますが、ここでは『複利』での投資を例にしてみていきます。

※複利の計算式は【元本×(1+年利率)^n(n=運用期間)】です。

  • 100万円を年利3%の商品に5年間複利投資した場合の運用結果:1,000,000円×(1+0.03)^5=1,159,274円
  • 100万円を年利5%の商品に5年間複利投資した場合の運用結果:1,000,000円×(1+0.05)^5=1,276,282円
  • 100万円を年利3%の商品に10年間複利投資した場合の運用結果:1,000,000円×(1+0.03)^10=1,343,916円
  • 100万円を年利5%の商品に10年間複利投資した場合の運用結果:1,000,000円×(1+0.05)^10=1,628,895円
  • 1,000万円を年利3%の商品に5年間複利投資した場合の運用結果:10,000,000円×(1+0.03)^5=11,592,741円
  • 1,000万円を年利5%の商品に5年間複利投資した場合の運用結果:10,000,000円×(1+0.05)^5=12,762,816円
  • 1,000万円を年利3%の商品に10年間複利投資した場合の運用結果:10,000,000円×(1+0.03)^5=13,439,164円
  • 1,000万円を年利5%の商品に10年間複利投資した場合の運用結果:10,000,000円×(1+0.05)^5=16,288,946円

このように、『資金』『利回り』という二つの変数に、『投資期間』という三つ目の変数が加わることで、より大きな差が出ることがお分かりいただけます。

実は、この三つ目の変数『投資期間』が資産運用にとっては最も重要な変数です。

その理由は複利計算にありますが、複利で運用することによって、お金は雪だるま式に増えていくからです。

複利運用の効果については、これまでご紹介させていただいた記事の中でも紹介していますので、ぜひ目を通してみて下さい。

資産運用に必要な変数その4:資産運用に関する知識

四つ目の変数は、『資産運用に関する知識』になります。

これまでご紹介した『変数』は、全て具体的に数値化できるものばかりでした。ただ、知識の量については、なかなか数値化することができません。

さらに、知識の量は必ずしも比例するものでもありません。

ですが、日常的に資産運用に関する勉強を継続的に行い、本質的な知識を身に付けることで、どこかで必ず成果に繋がります。

あなたがこれから実施する資産運用は、実に様々なことと密接にリンクしています。

政治、経済、国際、金融、経営など、世の中の動きに関連していること全てに連動しています。

だからこそ、様々な知識を身に付けておけば、投資の選択肢も広がりますし、運用期間やポートフォリオの調整なども柔軟にできます。

そして、様々な情報を自分自身で分析して判断することができるようになるため、金融機関の営業マンの提案を鵜呑みにせずにすみます。

これは、非常に大きなことだと私は考えています。

正しい知識があれば、資産運用でお金を増やすことは十分可能なのです。

4つの変数(3+α)を上手に掛け合わせて資産を上手に増やしていこう

これまでご紹介した”変数”は以下になります。

  1. 資金
  2. 利回り
  3. 投資期間
  4. 知識

これらの変数を上手に組み合わせることで、最大限のパフォーマンスを発揮できるといっても過言ではありません。

そして、どれも決して難しいものではなく、プロの投資家ではないあなたも十分再現できる方法なのです。

資産運用=資金×利回り×投資期間×知識

この基本をしっかりと抑えて、目的をもった運用をしていただければと思います。

トモタクでは随時ファンドを組成して出資者を募集していきます

最後までお読みいただきありがとうございます。

トモタクでは、クラウドファンディング化によってファンド組成の頻度を上げていく予定です。

ファンドの募集状況については、ファンド一覧ページhttps://www.tomotaqu.com/fund_list/ →)をご確認下さい。

オンライン完結型のファンドに出資する場合は、投資家登録が必要になり予めデポジット口座への投資資金の振込(※先着順の場合)が必要になります。

投資家登録の手順は、会員登録後、住所や電話番号などの基礎情報をご入力いただき、本人確認手続き(外部サイト)へ移行し手続きを完了させる必要があります。

マイページの「入出金」ページに「トモタクへの入金」をクリックして振込先が表示されていれば投資家登録完了です。

残りは、デポジット口座に投資資金の振込を済ませて募集開始時に出資手続きを行います。

まだ、会員登録がお済みでない方は、この機会にぜひお済ませ下さい。

会員登録はこちらから(https://www.tomotaqu.com/mypage/email →

よく読まれている記事