1. HOME
  2. ファンド一覧
  3. トモタクCF14号(岐阜市)

トモタクCF14号(岐阜市)

【人気のインカムゲイン型ファンド】

トモタクCF14号(岐阜市)は、岐阜駅から車で15分程に位置する岐阜市の一棟マンションです。
岐阜市は日本の中心に近い岐阜県の県庁所在地で、人口は約40万人で約18万2千世帯が暮らしています。天気予報などでは、岐阜県は大きく「飛騨地方」と「美濃地方」に分けられており、岐阜市は美濃地方に入ります。

当物件は閑静な住宅地にある角地の物件となります。車で15分圏内に総合病院が2件、短期大学や岐阜大学、岐阜薬科大学あり、スーパーやコンビニ等、ナショナルチェーン店も街道沿いにある為、過ごしやすい生活環境といえます。
物件構造は鉄骨造陸屋根3階建で種類は共同住宅になります。各部屋の広さは約49.50㎡、また竣工時期は平成6年6月となっております。駐車場は一戸に一台あり、駐輪場も完備しています。

グループ会社とマスターリース契約を締結しているため、空室が発生した場合でも毎月の賃料収入が減る心配はありません。

当物件をドローン撮影した動画が、YouTubeで公開しております。是非ご覧いただけたらと思います。
https://youtu.be/zOzFK0exSFI

募集概要

予定分配率(年利) 6.70% (税引前)
募集金額 4,770万円
出資総額 5,300万円
劣後出資 530万円
募集口数 477口
出資額 1口10万円 (1口〜100口まで出資可能)
運用期間 1年間 (2022年12月26日〜2023年12月25日)
総分配回数 12回
出資方法 オンライン完結 *当ファンドは、電子取引(クラウドファンディング)です。ご契約は全てオンラインで行います。
その他
  • 1口から出資OK
  • インカムゲイン型
  • 優先劣後
  • マスターリース契約
  • 出資上限あり
  • 先着順

物件概要

所在地 〒502-0926 岐阜県岐阜市旦島3丁目9−18
交通 東海道本線「岐阜」駅 車16分 東海道本線「西岐阜」駅 車11分
種別 共同住宅
新築年月 平成6年6月
構造 鉄骨造陸屋根3階建
総戸数 9戸
権利 所有権
用途地域 第二種中高層住居専用地域
建ぺい率/容積率 70%/200%

周辺情報

【岐阜市の特徴】
市の中心部にそびえる金華山と頂上の岐阜城、そして麓に流れる長良川は、岐阜市のシンボル的な存在。
金華山は、ロープウェイでも登山でも楽しめる人気の観光スポットです。山頂には、戦国時代の武将・斎藤道三や織田信長ゆかりの「難攻不落の城」岐阜城があります。
長良川は日本三大清流の1つと言われ、例年5月から10月まで鵜飼が行われることでも有名。この鵜飼には1300年以上の歴史があり、古くは信長や家康、松尾芭蕉から喜劇王チャップリンまで、数多くの人を魅了してきました。
長良川沿いには、観光経済新聞社主催「にっぽんの温泉100選」に連続で選ばれている長良川温泉もあります。
河川敷で行われる夏の花火大会には、市内のみならず、県外からも数多くの人が集まります。

【岐阜市の歴史】
「岐阜を制する者は、日本を制する」と言われるように、日本の中心部に位置する岐阜は、日本を統一する人にとって都合が良い立地の地域でした。 200年以上、有力守護大名である七頭の土岐氏による支配下にありましたが、家臣の斎藤道三が反乱を起こし、1542年に美濃国統一。稲葉山の山頂に稲葉山城を築城し、城下町「井ノ口」を整備。また同じ頃、隣国尾張国で急成長する織田信長と斎藤道三の娘である濃姫が政略結婚し、周辺諸国の大名に対し、強力な軍事同盟を誇示しました。 しかし、16世紀半ばとなると、斎藤義龍によるクーデターで斎藤道三は倒されますが、間もなく斎藤義龍も病死してしまい、斎藤氏は衰退。 その機に乗じて、織田信長が美濃攻略に成功し、織田信長により支配されます。 1567年に織田信長は仏教の僧侶と相談した後に、「井ノ口」の地名を、中国の伝説上の皇帝である炎帝が本拠としたとされる岐山と孔子の生誕地である曲阜から文字を取り「岐阜」と改名しました。その際に稲葉山の名称も「金華山」と改名し今日に至ります。最近では織田信長の映画で活気を魅せ、社会現象にもなっています。

【1300年の歴史がある長良川の鵜飼】
鵜飼とは、鵜匠(鵜飼を職業とする人)が水鳥の「鵜」を手縄で操り、川魚を捕える伝統漁法です。
闇に包まれた川に鵜舟を出します。鮎が篝火の明るさに驚いて、キラリと光をはねかえしながら逃げるところを、鵜がくちばしで捕えます。鵜の首にまかれた首結と呼ばれる紐によって、ある大きさ以上の鮎は飲み込めません。10~12羽の鵜を1人で操る鵜匠の技は見事。
鵜匠が鵜をはげます「ホウホウ」という掛け声や、船頭が船べりをたたく「ドンドン」という音、櫂の音、篝火(の松)がはぜる音は、1300年の時を超えて人々を風流の世界にいざないます。鵜飼は現在、日本の数カ所で行われていますが、岐阜県の長良川(岐阜市と関市)で行われる鵜飼は日本唯一の宮内庁へ納めるアユを捕る御料鵜飼を行っています。長良川の鵜飼は織田信長公や徳川家康公など、歴史を彩った権力者たちに愛され、守られてきました。芭蕉やチャップリンもこの情景に感動しています。

【日本三大仏である岐阜大仏】
岐阜大仏は、岐阜県岐阜市大仏町の黄檗宗金鳳山正法寺にある仏像で、日本三大仏の1つとされています。
この大仏は乾漆仏としては日本一の大きさを誇ります。
天保3年4月(1832年)に、実に38年の歳月を費やして完成しました。
堂の高さ23.6m、仏像は坐像で、高さ13.63m、耳の長さ2.12m、鼻の高さ0.36m。大イチョウを直柱として、骨格は木材で組み外部は良質の竹材と粘土で造られ、その上を一切経で糊張りし漆を塗り金箔を置いたものになり、胎内には薬師如来がまつられています。
私たちに微笑みかけられているようなそのやさしい表情と荘厳さ、そして静寂な大仏殿の中はまさに癒しの空間です。

運用中|完売

予定分配率(税引前)

6.70%

募集金額

4,770万円

出資額

110万円

運用期間

1年間

(2022年12月26日〜2023年12月25日)

総分配回数

12

投資シミュレーション(1年間)

投資予定金額

万円

  銀行定期 TOMOTAQU
税引前収益
△税金(源泉徴収)
税引後収益
  • 試算数値はあくまでもシミュレーションであり、将来の成果を約束するものではありません。
  • 銀行定期はメガバンク数行の定期預金(1年)のデータをもとに比較しています。
  • シミュレーションの結果は概算値です。
  • 2037年12月までの税金(源泉税)には、復興特別所得税が含まれます。

分配金お支払いスケジュール

1回目 2023年3月31日
2回目 2023年4月28日
3回目 2023年5月31日
4回目 2023年6月30日
5回目 2023年7月31日
6回目 2023年8月31日
7回目 2023年9月29日
8回目 2023年10月31日
9回目 2023年11月30日
10回目 2023年12月28日
11回目 2024年1月31日
12回目 2024年2月29日
  • 分配金のお支払いは、出資者様の指定口座にお振込させていただきます。
  • 分配金の支払い状況は、マイページ内でご確認いただけます。

運用中|完売

予定分配率(税引前)

6.70%

募集金額

4,770万円

出資額

110万円

運用期間

1年間

(2022年12月26日〜2023年12月25日)

総分配回数

12

TOMOTAQUとは?

不動産特定共同事業に基づき、投資家の皆様からお預かりした出資金で不動産を運用し利益を分配する不動産小口化商品です。

収益不動産を所有するわけではないため、不動産の管理業務やテクニカルな金融知識は必要ありません。 不動産運営に関する様々な業務をトモタクに任せられるので、より安心して不動産投資を投資家の皆さまに実践していただけます。

  • お預かりした出資金で不動産を運用
  • 家賃収入や売却時の利益が配当になる
  • 出資後(運用)はすべてトモタクにおまかせ
  • あとは配当を待つだけ♪

元本の保全性を高めるスキーム

お客様への配当は、賃貸借契約者の賃料を原資としているため、空室が続くと配当の原資が損なわれてしまいます。トモタクでは、出資元本の保全性を高めると同時にお客様への配当をより確実なものとするために、運用期間における第三者とのマスターリース(サブリース)契約を締結しています。

これにより、空室による無配当のリスクを抑制し、お客様に安心して投資していただけるような商品を提供することができます。

トモタクの商品は全て優先出資90%、劣後出資10%の優先劣後構造となっています。

そのため、万が一、対象不動産の評価額が下落した場合も、10%(劣後出資分)までなら、優先出資者であるお客様への元本に影響はありません。

これにより、お客様の出資元本の保全性を高めます。

運用中|完売

予定分配率(税引前)

6.70%

募集金額

4,770万円

出資額

110万円

運用期間

1年間

(2022年12月26日〜2023年12月25日)

総分配回数

12

本商品に出資していただく際は、「契約成立前書面」に記載された事項を参照いただいたうえ、慎重な判断により投資を行っていただけますようお願いします。

お申し込みについて

  • トモタクでは書面でのご契約ベースの「面前取引」とWebで契約まで完結可能な「電子取引」の2種類の申込方法がございます。お申し込み前に必ずご確認ください。
  • 応募が優先出資枠を超えた場合は抽選とさせていただきます。
  • 書面契約でのお申し込みでは、お申込書類内容の確認・審査をさせて頂き、メールにて結果のご連絡をさせていただきます。
    ※審査の結果、ご希望に沿えない場合もございますので予めご了承ください。また理由については一切お答えできかねます。

リスクについて

  • 本商品は、不動産投資商品であるため、預金保険の対象ではありません。
  • 金融機関の預金等とは異なり、元本の保証はされていません。
  • 本商品は、賃貸利益の変動により、元本割れが生じたり、想定利回りを下回る可能性がございます。
  • 投資判断にあたっては、不動産特定共同事業契約成立前書面等を入手、熟読され、十分に内容をご理解された上で、必要に応じて顧問弁護士や顧問税理士等の専門家に意見を求めるなどし、自らの判断で行ってください。
  • 出資者の皆様からの出資金が出資予定総額に満たなかった場合、又はその他理由により運用開始までに対象不動産を取得できなかった場合、出資金を出資者様に返還いたします。

その他概要

  • 本商品は営業者が出資者様との間で、不動産特定共同事業法第2条第3項第2号に掲げる匿名組合契約を締結します。
  • ewgは不動産特定共同事業法に基づき東京都より許可を受けております。(許可番号/東京都知事133号)
  • 地位の譲渡について(1)本契約上の地位を事業者に譲渡する場合、本事業者に対し、本契約上の地位の譲渡に伴う事務手続きの対価として、譲渡価格の3%を支払うものとする。(2)代理または媒介を通じて本契約を譲渡する場合、出資者は事業者に対し、別途合意する契約によって当該業務の報酬を支払うものとします。
  • クーリングオフ制度により、契約書面の交付を受けた日から8日間は、書面より契約の解除をすることができます。

運用中|完売

予定分配率(税引前)

6.70%

募集金額

4,770万円

出資額

110万円

運用期間

1年間

(2022年12月26日〜2023年12月25日)

総分配回数

12

Tweet
出資申込はこちらをクリック